キャリアコンサルティング(カウンセリング)の進め方


 キャリアコンサルティングは、組織の中でうまく対応が出来るように自身の「セルフマネジメント」を認識してもらうことを重視しています。その動機付け等が不明確だったりする場合は、「キャリアカウンセリング」を通して「セルフアウェアネス」を高め、「セルフマネジメント」を自らが主体的に実現出来るように支援します(※1)。

 職場での悩みなどについては、経験代謝のメカニズムによる「キャリアカウンセリング」として、サビカスのキャリア構築理論を中心に「ブリーフセラピー」のアイデア等も組み合わせて、課題の解決を行ってゆきます。その上で改めて、(人生全体の)「セルフマネジメント」に意識集中することによる充実感(マインドフルネス)を感じられることを目指します。

 基本的な姿勢としては、「組織社会で健全に過ごしてゆくにはどうすれば良いのか」という点に焦点をあてています。

 「キャリア開発」は、個人の働き方の「未充足ニーズ」を満たしてゆく事でもあると捉えています。その観点からマーケティング手法も取り入れ、「意識マトリックス理論」等の枠組みを意識しながら、幅広く組織社会で展開出来ることも念頭においてキャリア支援を進めます。

 

 キャリアやセルフマネジメントについての助言・アドバイスに関しては、キャリアを取巻く環境である「組織」を意識することが大切です。その意識の仕方については、経営学の一部である「経営組織論」や組織開発の考え方を踏まえています。

また、特に営業活動に関するお悩みに対しての対応する事も出来ます。

 キャリアコンサルティングを通じて組織への働きかけが必要になった場合には、「対話型組織開発」を基本とし、個人と組織に双方にメリットのあるように提案を行います。 

 

 キャリアコンサルティングは、コンサルタントと来談者の二人の協働作業ですので、一方通行にならずに来談者の目的の明確化を通じて、面談が効果を得られるものとなることを大切にします。


(※1) このホームページにおける「キャリアカウンセリング」とは、JCDAにおける「経験代謝のメカニズム」を基本としたキャリアカウンセリングを指します。

 実際の支援を明確にする為にも、サビカスのキャリア構成理論も参考にしてキャリアコンサルティングとキャリアカウンセリングを分けて捉えています。



参考の為に、キャリアコンサルティングの進め方のイメージを次のように示します。

詳しい内容の説明は、改めてまとめてゆきますが、上記のようなイメージでキャリアコンサルティングは進めてゆきます。

また、キャリアコンサルタントとクライアントとの関係性を中心に、「意識マトリックス理論」の枠組みを意識しています。


キャリアコンサルティングとは

 労働者(求職者も含む)の職業選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。(職業能力開発促進法第二条第五項)

〈説明〉

キャリアコンサルタントとは、本人の興味・適性の明確化や職業生活の振り返りを通じて職業生活設計を支援し、職業選択や能力開発の自信・意欲の向上、自己決定を促す支援を行う者。自身にあった職業を主体的に選択できるようになることが期待できます。


キャリアカウンセリングの定義(JCDA)

 キャリアカウンセリングとは、発達的視点に立って、成長と適応という個人の積極的側面に強調点を置き、個人が環境の中で効果的かつ自律的に機能できるように支援すること。自己概念の開発を通してキャリア形成を図ること。(JCDAジャーナル)

〈定義の説明〉

 キャリアカウンセリングは、人間が社会的な存在であることを重視しています。自分が育った国や環境、その中の経験など、個人を取り巻く人間関係、それらと全体の関係で捉えることが重要だと考えます。

 そのような全体との関係性の中で、成長に向けて進もうとする存在の中核概念として「自己概念」があります。キャリアカウンセリングは、自己概念の成長を促す働きかけであると考えます。