SocialGood キャリア® について


   SocialGood キャリア® では、Social Good(社会善)の実現を目指し、組織開発や個人のキャリア支援を通じてその環境である組織や社会に働きかけることを目標にしています。よりよい組織や社会の実現を目指して、経営組織論や組織マネジメントにも基づいた個人から組織まで一貫した支援を行う「キャリアカウンセリング型組織開発®」提供を行い、その普及を目指しています。


 キャリアカウンセリング型組織開発®におけるキャリアコンサルティングは、個人が組織の中でより活き活きと働けるように「セルフマネジメント」のサポートを主体とします。個人に課題や悩みがあり、「セルフマネジメント」への動機付けが必要な場合はキャリアカウンセリング(※1)に重点を置きます。個人の自己認識(self awareness)を再確認し、組織内活動でのマインドフルネスを高めより積極的に活動できることを目指します。

 その前提として企業組織の CSR・SDG’s等の存続基盤を強化する為に、組織と外部環境の調和による存続・発展を支援します。その為にも、マーケティングやイノベーションにつながる組織活動や営業活動の支援も視点に入れて支援するものです。

 


(※1) このホームページにおける「キャリアカウンセリング」とは、JCDAの「経験代謝のメカニズム」(傾聴とリフレクション≪反映≫)を基本としたキャリアカウンセリングを指しています。

 

 キャリア構成理論にも準拠し、広義のキャリアコンサルティングの中にキャリアコンサティングとキャリアカウンセリングが含まれると捉えています。キャリアコンサルティングとキャリアカウンセリングの違いに関する定義の解説は木村先生によるこちらになりますが、ここでは実践場面における差異に焦点を当てて分けて捉えています。この詳細は「経験代謝の活用」で提示しています。




このホームページの内容の転載を禁止します。内容に関してはあくまでひとつの見解です。