· 

ライフテーマ


 実はこのホームページを作り始めて、形も少し出来てきた時に気がついたのですが、このホームページはキャリア構成主義に出てくるライフラインチャートを文章で表現したものになっています。

1984年の大学時代の卒業論文。1990年までに2度の転職と、そこで入社した企業での実務知識。2002年にたまたまの巡り合いで、なぜか卒業論文との関連性を感じて講座を受け始め続けた組織論(CSR)の勉強(大学側の事情により2019年で終了)。勉強を始めた組織論を念頭に置いて活動した営業活動やマネジメントの実践(2019年に退社)。2017年頃から今後に迷っているときにメンターである人から誘われたカウンセリング勉強会と、それを機にキャリアカウンセリング(CDA)・キャリアコンサルタントの資格取得。このキャリアカウンセリングで学んだ知識と組織論での課題が合致し、最終的な今後の目標が明確になったこと。そして2020年の今、社会構成主義やポストモダンの概念が、1984年の卒論を35年後にまとめ直すことによってより良く理解できたこと。これらがつながって、今のライフテーマである「経験代謝」を基軸とした「キャリアカウンセリング型組織開発」の実践へのチャレンジ(まだまだこれからですが)へとつながっています。

 つまりこのホームページは過去のストリーやナラティヴを1本の線でつなげて、ライフキャリアストーリーとして整理をしている形になっています。

 今現在も次に向けてのナラティヴをキャリアカウンセラーとしての日々の経験を通して吸収している感じです。

合わせて、現在コロナウイルスの発生・拡散によって社会がざわついていますが、これらが社会の変化を加速し、ポストモダン時代への変化がより加速してゆくようにも思います。