「診断型」と「対話型」


 組織開発では、過去の分析結果などを通じて獲得された「モダン」な価値観をベースとしたマインドセットにて行う事を「診断型」、社会構成主義をベースとし、ポストモダンな価値観を前提としたマインドセットを「対話型」と規定されています。

 「診断型」「対話型」どちらが優れているという事でもなく、実務面では行ったり来たりするとの事です。

 ただ、自分がどちらのマインドセットで関わっているかは、大切で意識する必要があるとされています。

 キャリアコンサルティング等おいても、この「診断型」なのか、「対話型」なのかという点は大切に思われます。

 キャリアコンサルタントの養成講座においても、社会構成主義についての説明がされています。そこでは、診断型を論理実証主義的世界観、対話型を構成主義的世界観としてまとめているようですが、実務においては並立できない両者の違いやその為のマインドセットの設定の大切さについては詳しくは触れられていないようです。

 それぞれの定義から考えてみると、キャリアコンサルタントは「診断型」が主で、JCDAにおけるキャリアカウンセラーは「対話型」が主のように思われます。

 このホームページでも、ブリーフセラピーやプロセスコンサルテーションにも触れていますが、これらは社会構成主義から派生していますので、個本的には「対話型」だと考えます。特に、対話型組織開発で活用をすることを考えると、「診断型」ブリーフセラピーや「診断型」プロセスコンサルテーション等になることは避けたいものです。

 しかし、我々は、学校教育・受験制度で、長らく唯一絶対の答えや物事の細分化による真理への到達を主とする「モダン」的な教育を受けて来ましたので、かなり意識していないと我々は「対話型」ではなく、「診断型」のナラティブセラピー、ブリーフセラピーやプロセスコンサルテーションの罠にはまってしまう可能性があります。

 この点は、よく注意が必要だなと感じています。

(参考 組織開発の探求━理論に学び実践に活かす 著者 中原淳+中村和彦 ダイアモンド社(2018年10月) P309より)