· 

William H. Whyte, Jrのオーガニゼーションマン


現代社会の特質を示す内容のひとつとして、

 W. H. Whyte, Jr. ”The Organization Man" 「組織の中の人間 ~オーガニゼーション マン~」 (1959年  東京創元社)

 の中の「オーガニゼーション マン」の概念があります。

 

☆社会と個人の変化により、この概念は成立してゆきます。

<アメリカの伝統的個人>

 自由と平等/個人主義/独立独歩/独立独行

  ⇒プロテスタントの宗教倫理

 |

 |

<イデオロギー(倫理観)の変化=ディスコースの変化>

  ⇒社会の「官僚制化」 ⇐ 組織社会の成立

 |

 ⇩

<オーガニゼーション マン>

 組織に忠誠を誓い、全人的に組織に献身する新しい人間類型

  ・集団倫理

  ・組織の倫理

  ・官僚機構の倫理 等を持つ

 

※個人主義(Individualism)という用語 

  Alexis de Toquevill  "De la Democratie en Amerique"  1835・1840年 「アメリカのデモクラシー」(岩波文庫)で

 (当時の)ヨーロッパにはないアメリカ流の主義を表す為に用いた造語

 上記の書籍は、産業革命以前の1831年4月から1832年2月の間、友人と共に当時のアメリカ24州の要所を踏破し、アメリカ社会を洞察した内容で、現代民主主義を考える上でも欠かせない、古典的名著である。