組織開発とは


 組織開発の基本的な説明については、ODNJのホームページに記載されていますので、こちらを参照ください。


 組織開発については、基本的にはまず下記の2冊の書籍によって把握して頂くことが出来ると思います。

 

「入門 組織開発

    活き活きと働ける職場をつくる」※1

 (中村和彦 著 光文社 2015年5月)

 

「組織開発の探求

    理論に学び、実践に活かす」 ※2

 (中原淳+中村和彦 著 ダイアモンド社 2018年10月)


 上記の書籍より少しだけ組織開発について確認しておきます。

 

 組織開発の本来の意味は、「組織内の当事者が自らの組織を効率的にしてゆく(良くしてゆく)ことやその為に支援」です。(※1  P70)

 

組織開発の定義と目的

 基本的には、組織開発は「組織のプロセスに気づき、良くしていく取り組み」といえます。多くの定義で共通しているのは、

  • 行動科学の理論や手法を用いること
  • 組織の効率性や健全性を高めてゆくこと
  • 組織のプロセスに対して計画的な働きかけをする取り組みであること

 組織開発らしさが込められた定義はウォリックのものです。彼は、

 「組織開発とは、組織の健全さ(health)、効果性(effectiveness)、自己革新力(self-renewing capabilities)を高める為に、組織を理解し、発展させ、変革していく、計画的で協働的な過程である」と定義しました。

(※1 P81)

 

二つのアプローチ

 組織開発の進め方について、ブッシュ&マーシャックは「診断型組織開発」と「対話型組織開発」に大別できるとしています。

 診断型組織開発は、診断というフェーズが入る取り組み

 対話型組織開発は、診断というフェーズがない取り組みや手法を指します。

(※1 P84&87)

 

☆組織開発は風呂敷である!?

 いったい組織開発とはなんなのか?

 この問いに関する答えは、「組織開発とは”風呂敷”のようなものである。」

 組織開発という言葉は、比較的自由に、その内部に存在する多様な概念を包括してしまうのです。

 (注記:組織開発が何かは明確に語りえぬものです)

(※2 P31)


 上記にあるように組織開発は多岐に渡る内容を含みます。その為、キャリアカウンセリング型組織開発®においても同様に様々な多岐に渡る視点が含まれています。