· 

組織内における意識マトリックス理論


 M.P.フォレットは「創造的経験(1924)」において、組織内における各自の「経験」から「軋轢」・「統合」から「創発」にいたる過程を示していますが、意識マトリックス理論でその「創発」に至る枠組みを考察することが出来ます。

 ここでは、組織内における対等な個人間における枠組みを意識マトリックス理論を使って確認します。

 それぞれの個人は自らの経験(知識)に意識があります。

 ①C/C領域(交錯・軋轢の領域)

  1. この領域では個人A・Bのそれぞれの経験(知識)が交錯し、両者の間で軋轢(コンフリクト)が発生します。
  2. この領域で軋轢を解消する結果として、「抑圧」「妥協」「統合」があります。
  3. 個人A・Bがそれぞれ相手の経験(知識)を尊重できない場合は、モノロジックな対話の結果、「抑圧」「妥協」という軋轢による不満が解消されない状態で解決が図られます。この「抑圧」「妥協」の状態を解消する為にキャリアコンサルティングを活用することが出来ます。
  4. 軋轢(コンフリクト)は、個人A・Bがそれぞれ相手の経験(知識)を前向きに認知することにより、「統合」という形で解消されます。これは個人A・Bに今まで意識していなかった新たな経験をもたらし、C/S領域・S/C領域に展開され、「統合」という形で解消されます。

 ②C/S領域・S/C領域(統合の領域)

  1. この領域では、個人A・Bは対等ですので同じ位置づけになります。この領域では相手の経験(知識)を尊重して「統合」している状態になります。これを効果的に行う為には、ここでも相手の「経験を傾聴」することが大切になります。
    (経験代謝のメカニズムによる関わり)
  2. ここでは、相手の経験(知識)を認識することにより、新しい経験へ踏み出している状態です。
  3. 個人A・Bは、自己効力感が維持される必要があります。これにより、前向きな経験の「統合」が実現されます。

 ③S/S領域(創発の領域)

  1. ここでは、②における個人A・B両者の「統合」の状態を経て、「創発」が出現する領域です。
  2. 個人A・Bが「統合」の状態から新しい経験を経て、お互いの「リフレクション」により、それまで個人A・Bとも経験していなかった領域で「創発」が実現できます。
  3. 「創発」に至る為には、相手の「経験を傾聴」する+「リフレクション」が大切になります。
    この関りは、「経験代謝」を理解し実践できるようになることにより、確実に行う事が出来ます。
  4. この状態において、ダイアロジックな相互交流が実現し、組織内で正のグループダイナミックスが生まれると言えます。

注)「リフレクション」については、日本での人事用語として内省(introspection《内観》)とされていることがありますが、これは経験を外在化した(距離をおいた)上で、その反映を自身におこなうことだと理解しています。
(Introspection consist of reflection of his own experiences)。

 ここで示している「リフレクション」は、相互の関係性における「リフレクション」ですので、クライアントの意識や認識をキャリアコンサルタントの反映・反射通して、クライアントが意識をするという概念になります。

 より効果的な反映・反射の為には、キャリアコンサルタントのリソースが重要になります。キャリアカウンセリング型組織開発にはおいては、「経営組織論」が組織開発の知識がキャリア支援における重要なリソースの一つだと考えています。

 ロジャーズは「伝え返し(リフレクション)」について、「理解の確かめ(testing my understanding)」という言葉を使う事を提案しています。(Rogera,1986)「あなたがおっしゃていることを、私はこう理解し受けとめているが、それでよろしいでしょうか」と「確かめる」ような応答がロジャーズのカウンセリングにおける応答の中心です。(CDA養成講座 2 P29より)

 この傾聴の内容を「私がこう理解し受けとめている」とクライアントに示す中にキャリアコンサルタントのリソースがどうしても反映することになります。その鏡の姿を見てクライアントがそれまで無意識であった部分に気付くのが、「リフレクション」であると捉えています。これがクライアントの変化を促す一因とも考えられます。


この図は、前述の「組織内におけるキャリアコンサルティングの範囲」で使ったものと同じものです。


続いて、意識マトリックス理論(営業活動)に続きます。


☆「意識マトリックス理論」についてのマーケティング関連情報は、こちらを参照下さい。リンク先からから「意識マトリックス理論」に関する論文「マーケティング実務における初心者理解促進と品質向上の為の定性調査体系の試み」(井上昭成,2020)がダウンロード出来ます。