経営組織論


 「キャリアカウンセリング型組織開発®」においては、その基本となる「経営組織論」の理解が不可欠です。クライアントのキャリア課題に対応する為には、個人のキャリアに影響を与え、キャリアを取巻く環境である組織についての知識が必要になります。この知識があることにより、クライアントの組織での経験をより明確にリフレクション(理解・反映)が可能になります。

 ここでは、「社会構成主義」「対話型組織開発」「経験代謝の活用」に続いて、組織開発の舞台・キャリアの環境である組織についてまとめています。

 

 古代では、組織が社会に浸透していなかった為に、ほとんどの人にキャリアの概念は必要なかったでしょう。近現代になり、組織社会が急速に人々の生活により浸透するにつれて、組織に付随するキャリアについての認識が重要になってきたと言えます。この事は言い換えれば、組織社会の変遷に合わせて、人々のキャリア観も変化していると言えます。現代人のキャリアを考える為には、現代の組織社会を理解することが有効です。キャリアコンサルティングにおいては、クライアントが実際に属する組織を概念として把握することがクライアントの支援の為に有効だと考えます。

 組織内でキャリアコンサルティングを実施するにあたっては、(現代の組織社会において、個人は広義意味で複数の組織に属しています。)個人の「セルフマネジメント」のサポートとともに、その解決の為には、環境である組織への働きかけが重要になります。そのことからも、組織についての知識はキャリアコンサルタントにとっても重要です。組織自体の成立要因、その仕組みや歴史的経緯、マネジメント、社会的存在意義、そして現在の組織社会などを意識しながら、個人のキャリア開発や組織への働きかけ、その変革を好ましいと思われる方向に進めてゆくことが大切です。

  

 ここでは社会構成主義の立場から組織を把握するにあたって、組織システム論を中心に考えてゆきます。これは経営学の祖と言われる、C.I.バーナードが著者「経営者の役割」の中で提唱をした理論です。また、これはM.P.フォレットの思想の影響も受けていると言われています。

 組織は「社会目的を達成する為の人の「諸力」によって構成された協働システム」と捉えます。共通目的(組織目的)・人の協働意志「貢献意欲」・コミニケションの3つの要素が組織活動のベースとなる協働の成立の条件です。組織存続の観点からは、組織をその外部環境に適応するためのシステムと捉えます。

(参考 C・I・バーナード 飯野春樹編 経営者の役割 1979年 有斐閣

 社会構成理論の観点からの組織概念の捉え方として、上記の組織を構成する「諸力」を「構成メンバーのナラティヴによって構成される認知の集合体」の変化と捉えて組織システムにアプローチするのが、SocialGood キャリア®での考え方です。

 

 組織内で「キャリアカウンセリング型組織開発®」として、経験代謝に基づいたキャリアカウンセリングを実施すると、クライアントの認知やナラティヴが変わり、その影響で彼が所属する組織のナラティヴに変化します。つまり、キャリアカウンセリングそのものが、実は「対話型組織開発」であるとも言えます。この事からも「組織開発」であるキャリアカウンセリングを通じた組織への介入、組織の集合体である社会への取り組みについては、組織自体についての知識である組織論と「対話型組織開発」が有用になると考えています。

(※ここでのキャリアコンサルティングとキャリアカウンセリングの違いの定義はこちらを参照下さい。)