現代企業の特質と社会の調和

現代企業の特質と社会の調和 · 10月 24日, 2022年
 「企業と社会との調和」というテーマは、企業の外部環境の調和という意味で大切です。 個々の従業員が所属する組織と外部環境との調和を意識出来る事が大切なのですが、これらを考える為には組織の定義や構成要因等の「組織」についての知識も大切になります。...

現代企業の特質と社会の調和 · 12月 25日, 2021年
 「現代企業の特質と社会の調和」  これは、上智大学の社会人講座「ソフィア・コミュニティ・カレッジ」での小林順治先生の講座内容のテーマです。...

現代企業の特質と社会の調和 · 12月 06日, 2021年
J. K. Galbraith ”The Affluent Society” 1958  「ゆたかな社会」 (ガルブレイス著 鈴木哲太郎訳 岩波書店 1960年)

現代企業の特質と社会の調和 · 11月 29日, 2020年
組織に忠誠を誓い、全人的に組織に献身する近代社会における新しい人間類型

現代企業の特質と社会の調和 · 11月 28日, 2020年
人間生活のあらゆる分野にわたる多種多様な組織の数・規模・力の増大。 組織社会の成立

現代企業の特質と社会の調和 · 11月 27日, 2020年
現代社会の特徴としては、公衆(public)の衰退と大衆(mass)の躍進があります。

現代企業の特質と社会の調和 · 11月 26日, 2020年
David Riesmanの同調様式  社会的特徴 (social character)の3類型

現代企業の特質と社会の調和 · 11月 23日, 2020年
官僚制とは? 現在では、能率の低さや固定化された組織を指し、あまり良い意味では使われていない感じですが・・・・。

「企業と社会」問題の核心は、現代企業(巨大株式会社)と現代社会の不調和にあると言える。

企業にも発達モデルがあります。それがグレイナーモデルです。 〇△✖型組織など、これぞ理想の組織というような啓蒙本も出ていますが、実際は組織もその規模や市場の環境に従って、成長してゆきます。 左がその図になりますが、順次解説してゆきましょう。 グレイナー・モデル(Greiner model)   =組織成長の5段階モデル L.E.Greiner "Evolution and Revolution as Organizations...

さらに表示する